M.リベラ、最後の球宴でMVP受賞「何にも代えがたい経験」

 メジャーリーグのオールスターゲームが現地16日、ニューヨーク・メッツの本拠地のシティ・フィールドで開催され、ア・リーグが3対0でナ・リーグを下した。MVPには、今季限りでの現役引退を表明しているニューヨーク・ヤンキースのマリアノ・リベラ投手が選出されている。

 リベラは、3対0の8回にア・リーグ9番手として登板。先頭のジーン・セグラ遊撃手(ブルワーズ)を二ゴロ、続く指名打者アレン・クレイグ(カージナルス)を左ライナー、そして3人目のカルロス・ゴメス外野手(ブルワーズ)も遊ゴロに抑え、1回を三者凡退に封じた。

 自身最後となるオールスターでMVPを受賞したリベラは、「最高だし特別だよ。ファンも一体となり、両チームのベンチでは監督、コーチ、選手が立って迎えてくれた…何にも代えがたい経験だ。こんなのは初めてだよ」とコメントした。

 また、メジャー歴代セーブ王である43歳は、慣れ親しんだ9回ではなく、確実に登板機会がある8回にマウンドへ。「投げたかったんだ。(3対0だったが)野球ではどんなことでも起こり得る。リーランド(監督)が確実に投げさせようとしてくれた素晴らしいアイデアだった。ニューヨークで、そしてここのファンのために投げる機会をくれた彼に感謝している、完ぺきなプランだった」と話した。

 

 

 

リンク集

メジャーリーグ MLB

MLB メジャーリーグ

BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

最低価格保証のエクスペディア:マイクロソフトから独立した世界最大の旅行サイト

NBA チケット 購入